よこすかキャリア教育推進事業
ホーム  >  トピックス人  >  武山中学校1年生 地元企業から学ぶ! 【 稼ぎ方の考え方 】

武山中学校1年生 地元企業から学ぶ! 【 稼ぎ方の考え方 】

◆横須賀市立武山中学校は、令和1年12月12日(木)6校時の「総合的な学習の時間」を活用して、「働くこととは?」とのテーマで、「地元企業の方から生の考え方を伺いたい」と講演会を開催した。

【講師】横須賀市で猿島航路や軍港巡りを手掛けている 株式会社トライアングル 代表取締役 鈴木隆裕様、そして私、 よこすかキャリア教育推進事業コーディネーターの大場智和が担当させていただいた。

◆【鈴木氏】
働いてお金を稼ぐことはとても大事なこと。しかし、ただ稼ぐのではなく、A:「お金目的だけ」よりも、B:「A+自分の好きなことをして働く方がより良い」。C:「B+人のために役立つ社会貢献もできたらもっと働いていて充実感が生まれる」。私は、Cの考え方で、働いている。

◆【大場より】
鈴木氏の話を受けて、子どもたちに「印象に残った話しは?」、「みんなはどんな考え方をしていたか?」、「話を受けて考え方に変化は?」等々の投げかけ。

子どもたちは、現場で働く社長さんからの話とあって、「強く印象に残った」、「Cの考え方がいい」、その他「社長の給料は?」、「社長になるための努力点は?」等、時間をオーバーするほどの質問が続出。ため息あり、笑いありのとても「ほんかわムード」の講演会となった。

最後に「自分が仕事を選ぶとしたら、どんな基準で選ぶか?」との生徒への投げかけに、真剣に考えて回答してくれた。働くことは、「お金」+「α(何か)」が大事。「+α」すなわち「自分らしさ」を多くの経験や体験をしながら見つけていこう、探していこうと話をまとめた。

鈴木社長、ありがとうございました。
武山中学校1年生のみなさん、本日の話がこれからの生活の参考になっていただければ幸いです。お疲れさまでした。
DSC05353.jpgDSC05403.jpg

ページの上に戻る