よこすかキャリア教育推進事業
ホーム  >  トピックス人  >  市立大津中学校 特別講演 ~ 「食」を通しての街づくり ~

市立大津中学校 特別講演 ~ 「食」を通しての街づくり ~

【熱く「食」を語る】
・令和1年11月29日(金)、横須賀市立大津中学校の体育館で、1年生を対象に一人の横須賀生まれ、横須賀育ちの横須賀で働く大人が、「食を通した街づくり」に情熱を注いでいる姿を熱く語った。

「食」×「農」×「ビール」= 街づくり
※ 子どもが上を向ける街に!横須賀のプライドを持たせたい!

【講師】
・講師を務めたのは、たのし屋本舗 代表取締役 下澤敏也 様
 横須賀・横浜で、居酒屋、地ビール製造・販売等、9店舗を展開している会社の社長さん。

【学校の思い】
・大津中学校では3年間を見据えた教育に取り組んでいる。
その1段階として、1年生が「地元地域を知る」、「街の活性化、街おこし、街づくり」について取り組み、学んでいる。

・横須賀の大人たちが、横須賀の街を愛し、街の活性化、街づくりに取り組んでいるという姿を子どもたちに直接見せたい、「生きた教育をしたい」との思いから実現した特別講演会。

【感謝】
・とても熱く横須賀を語り、「食」に関わるすべての方々との関わり方、一緒に働く仲間との触れあい、「人が大好き」から始まった仕事への情熱等々、感動した講演であった。

・「本当に横須賀の街づくりに取り組んでいる方の話しは違う。素晴らしい!」と子どもたちをはじめ先生方も口を揃えての感想。校長先生からは「感謝・感謝」の言葉が連発。

・本当に素晴らしい講演会でした。 「下澤敏也」様、本当にありがとうございました。
DSC05140.jpgDSC05183.jpg

ページの上に戻る